引越し

食器や調理用具はシリーズで揃えた方が引越しに有利

何度か引越しを経験した中で感じた事なのですが、食器や台所用具に関して言えば、圧倒的に同一メーカー・同一シリーズで揃えた方が、普段の収納だけでなく引越し時の梱包の際も大変便利なのです。
同一シリーズであればサイズさえ違えど形状はそのまま維持されており、大の中に小を重ねていけば、ちょうどマトリョーシカの様に収まり省スペース上でも大変都合が良いパターンがあるのです。
これは引越しの際でも、余計な緩衝材を消費しなくて済む点、あるいは省スペースにより一つのダンボール箱により多くの用具を積め込む事が出来る、という事にも繋がります。

サイズ違いのお皿や鍋・フライパンといった調理用具がそれに相当しますが、前回の引越し時はメーカーもシリーズもバラバラであった食器や器具との梱包のし易さの差は歴然でした。これらがバラバラだと肝心な場面で変な部位が引っ掛かり、どうしても余分にスペースを取ってしまうのです。
こういうパターンを自覚して以来、意識して食器や調理用具は同一シリーズで揃えるべく少しづつ買い替えを行う様になりました。
キッチンでの見掛け美しさだけでなくこの様な大きなメリットが存在すると分かっていれば、もう少し早くシリーズ統一化を心掛けていたかも知れません。
一気に揃えるとなると値段も張るのですが、この際致し方ありませんね。
水槽の引越しの方法について