引越し

引越しの荷造りは工夫次第でラクになる

引越しの荷造りには緩衝材を使う機会も多いです。緩衝材そのものでなくても代わりに新聞紙等を使って食器が割れないようにしたり、タオル等で小型の家電を包んだりとすることも多いです。

そういったときに役に立つ緩衝材の代わりが布団なのです。布団は大きいため大型の家具や家電も包み込めるし、なおかつ衝撃を吸収する力も高いため、緩衝材の代わりにはもってこいなのです。
布団は必ずといっていいほど家にある代物です。緩衝材を購入するくらいなら、家のあるものを利用したほうがお得です。
私は冷蔵庫をどこかにぶつけても大丈夫なように布団で周りをグルグル巻きにして運びました。同様にタンスも布団でしっかりとカバーしました、
また私は以前引越しをしたときトラックをレンタルして自力で行いました。トラックの荷台に荷物を運んだとき、揺れの衝撃で壊れないように布団を隙間にしっかりと挟んで固定したのです。
布団は一つ一つが大きいため、広範囲をカバーできたのでラッキーでした。足りない部分はタオルで何枚か重ねて補いました。
このようにして私は緩衝材を購入することなく、引越しを進めていったのです。ですがさすがに食器を包むには大きすぎるため、いらなくなった新聞紙を活用しました。
家にあるものを使えば、工夫次第で引越しはラクに進められるのです。