引越し

引越しの荷造りで失敗したこと

引越しが決まると慌しい日々が続きます。手続きや荷造りなど、引越しにはやらないといけないことが多すぎるのです。心休まる暇もないぐらい大変な日々が続きました。
荷物を整理整頓していくのですから、家の中がどんどん殺風景になっていきました。つい普段の調子で過ごしてしまい、荷造りしてしまった荷物をどこにもないと探してしまったということもありました。

引越し当日までにも生活は続きますから、必要なものを荷造りしてしまったときには大変です。私はまかり間違って、食器を全部荷造りしてしまい、後で取り出すハメになってしまいました。荷造りする前に必要なものはどれかきちんと確認しておけば良かったです。そうすれば余計な手間と時間をかけずに済んだのにと思うと少し後悔します。
そして大変なのが引越しの前日です。その日に残った荷物を荷造りしていくのですが、次の日は朝から引越しの準備をしないといけないため、早く寝る必要があります。ですが少しの量の荷物しかないとはいえ、多少の時間はかかるものです。なので寝る時間が遅くなってしまい、当日の日には軽い寝不足の状態で引越しを行わないといけませんでした。
それまでの疲れもあって、引越しの作業を終えたときにはかなり疲労しました。次の日には筋肉痛になって、なかなか荷解きが進みませんでした。